プロテインは太る?!ダイエット中の女性におすすめする理由とは

プロテインは筋トレをしている人なら誰もが知っていますが、筋トレや運動に馴染みのない女性だとやはり抵抗がありますよね、

しかしプロテインは、人間の身体には欠かせないタンパク質を効率的に摂取できる非常に優れたサプリメント!

この記事では

プロテインにまだ抵抗があるという女性向けに、プロテインの基礎知識やタンパク質の効果を解説していきます。

プロテインとは何か?


そもそもプロテインは何なのか?

プロテイン(protein)はタンパク質を英語で読んだもので、タンパク質摂取する目的の健康食品のことです。

健康食品なので青汁やしじみ汁などと同じであり、薬や身体に害を及ぼすものではありません。

ボディビルダーが愛用していることからプロテインはステロイドのような薬品の印象を持っている人も多いですが、健康食品の1つなのです。

タンパク質は身体に必須の栄養


ではプロテインの殆どの成分であるタンパク質はどんな効果があるのでしょうか?

タンパク質の最も大切な働きとしては人間の細胞を構成するというものです。

血液や骨、臓器、肌、髪、爪など人間のあらゆる細胞を構成しているのがタンパク質です。

タンパク質自体は肉や魚、大豆、牛乳など食事からも摂取できるためバランスのいい食事をしていれば過度に不足することはありません。

しかし近年では食生活の乱れから自分でも気づかないうちにタンパク質が不足してしまっているケースが見られます。

タンパク質不足で起こる変化とは?


タンパク質自体はアミノ酸から構成されていて、このアミノ酸は人間の身体の中でも作り出すことができるので、タンパク質が不足してもすぐに身体に変化が現れることはありません。

しかし徐々にタンパク質が足りなくなってくると、生命活動に必要な血液や臓器へタンパク質は使われるため、優先度の低い髪の毛や肌へは行き渡らず、肌荒れや髪の毛がカサカサになるといった原因になるのです。

プロテインにどうしても抵抗がある人でも、やはり意識的に肉や魚を食べて充分なタンパク質摂取していきたいですね。

プロテインのメリット


プロテインのメリットとしてはやはり手軽に摂取できるというところにあります。

  • 一日のたんぱく質摂取目安は、体重 X 1gとされています。
  • 体重が50Kgの方であれば、50kg x 1g でタンパク質の摂取目安は50gです。

外回りなど仕事で身体を動かす人は、体重 X 1.2g、筋トレなどしている方は、体重1Kgあたりにつき、タンパク質は2g程必要といわれています。

仮に体重50kgの人なら50gのタンパク質が必要ですが、マッチョな人がよく食べるイメージのある鶏むね肉でさえタンパク質含有量は100gで20gほど。

毎日中ぐらいの大きさの鶏むね肉を1枚は、食べる必要がある計算になります。

毎日必ず鶏むね肉を料理しなければいけない、毎日食べるのは飽きるといった事も起きてしまいますが、プロテインとして摂取すれば手軽にタンパク質を補給できるのです。

各メーカーで差はありますが、プロテイン1杯でタンパク質含有量はおおよそ20g

朝と夜に飲み、あとはバランスのいい食事を摂れば充分必要なタンパク質を補うことができますね。

プロテインは太るのか?


プロテインが避けられる理由の1つにプロテインは太るという噂があります。

しかしこれは全くもっての迷信で、プロテインを飲んだからと言って太ると言ったことはありません。

太る原因はたった1つ、カロリーオーバーです。

1日の中で消費カロリー < 摂取カロリーに成ることが太る原因でこの状態が数日続くことで体脂肪が付き始めるのです。

プロテインが太ると考えられた一番の理由

もちろんプロテインにもカロリーはあるので、仮に普段の食事にプラスしてプロテインを大量に摂取するとカロリーオーバーになり太ることはあるかもしれません。

プロテインが今ほど日本でメジャーでなかった頃に、「プロテインを飲めば筋肉がつく」という迷信が広まっていた事があります。

すると、食事にプラスしてプロテインを大量に飲むため当然カロリーオーバーで太ってしまうのですが、これはプロテインが原因ではなく、単なるカロリーオーバーが原因です。

この流れからプロテイン=太るというイメージが付いてしまったのかもしれません。

プロテインは太らない


前述の通り、プロテインを飲んで太るということはありません。

タンパク質はエネルギーに変わる割合も多く、摂取することで代謝が上がるので、バランスの良い食事とプロテインの摂取はむしろ健康的な身体を保つことができるのです。

また、食事からタンパク質を摂取するとなると肉には脂質が含まれているため、カロリーオーバーになる、魚ではコストが掛かるなどの問題もあります。

しかしプロテインであれば1杯でタンパク質20g、カロリーにして80kcalなので、身体を健康的に保つには最も効率がいいと言えるでしょう。

今ではプロテインの中にも飲みやすいものなどもあり、女性向けのプロテインなどもありますので、ぜひこの機会にプロテインの摂取を検討してみてはいかがでしょうか。
ザバスよりコスパがいい!人気の海外製のプロテインを厳選しておすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。